« 平城宮跡満開・東院地区発掘報告会(2013.3.30) | トップページ | 和かふぇ「遊茶」(2013.4.28) »

2013年4月28日 (日)

稗田散策(2013.04.28)

昨日から、GWに突入。(といっても30日は出勤だが)
ダホンにまたがり、朝一に床屋を済ませ、大和郡山の賣太神社、稗田環濠集落へ。賣太神社は、古事記編纂に携わった天才、稗田阿礼を主斎神、天鈿女命、猿田彦命を副斎神として祀る。
稗田阿礼命は学問の神、物語の神。天鈿女命は芸能の始祖神。猿田彦命は土地・方位の神であり、天鈿女命の夫神である。稗田阿礼は猿女君稗田氏の出で、天鈿女命は猿女君の祖神・氏神である。中世には「祭神不詳」とされていた。賣太は米田と同義で、我が祖先に通じているはずだがその御利益は無い。稗田は天鈿女命を祖とする猿女君稗田氏の本拠地であり、祖先の廟祠として創建されたものとみられる。かつてこの神社は平城京の羅城門付近に存在しており、道祖神としての役割もあったとされる。延喜式神名帳に「大和国添上郡 賣太神社」と記載され、小社に列している。
稗田環濠は、大和の環濠の代表例として有名。古文書などの史料があまり残されていないのでどのように形成されたのか詳しいことはわかっていない、室町時代には現在のような形になっていたと考えられている。
帰りに、平城宮跡に寄る。天平祭の準備が始まっている。約30kの軽いサイクリング。

Imgp2493_640x424
Imgp2495_424x640
Imgp2502_640x424Imgp2524_640x424Imgp2520_640x424



|

« 平城宮跡満開・東院地区発掘報告会(2013.3.30) | トップページ | 和かふぇ「遊茶」(2013.4.28) »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172141/57265796

この記事へのトラックバック一覧です: 稗田散策(2013.04.28):

« 平城宮跡満開・東院地区発掘報告会(2013.3.30) | トップページ | 和かふぇ「遊茶」(2013.4.28) »