« 出羽島散策(2013.2.10) | トップページ | 西大寺大茶盛(2013.2.24) »

2013年2月21日 (木)

今日の夕刊(2013.2.20)

明石歩道橋事故。免訴。法律の事はよくわからないが、有罪でも無罪でも無く、まあ、結局無罪といったところでしょうか。殆どの論調は結局無罪に不満の様。遺族に寄った方が無難の姿勢。法律の事がよくわからないので、誰に議論をふっかける筋合いでは無いのですが、愛国無罪ならぬ、遺族無罪の感。当時の記憶に依れば、前年も異常な混雑であったらしいという。そうした状況を知って2,3歳の子供をそんな場所に連れて行くか?親が花火をいい場所で見たかっただけやろ。という記憶である。

ネパール人殺害事件初公判。頭部、顔面を数十回も蹴った上に自転車を投げつけといて、被害者、遺族に申し訳ない。しかし、殺意は無かった。無期懲役くらいにして、試しに絞首刑のロープで吊して、死ぬとは思わなかったで罰は完了。

亡くなられた方のご冥福を祈るばかりである。

また、副署長に全く責任が無いともいえないが、十分罰は負っており、ご家族の心痛が早く和らぐことを祈るばかりである。

それにしても、強制起訴という制度は私刑にしか見えない。三審制をしっかりしたものにしないとマスコミに殺される。

|

« 出羽島散策(2013.2.10) | トップページ | 西大寺大茶盛(2013.2.24) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172141/56807990

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の夕刊(2013.2.20):

« 出羽島散策(2013.2.10) | トップページ | 西大寺大茶盛(2013.2.24) »