« 八丁味噌の郷 | トップページ | 教行寺の桜(2011.4.3) »

2011年3月30日 (水)

三河散策・松平郷

P10305142 P10305202 P10305282 P10305572

昼を少し回った所で、時間があったので今は豊田市に属す「松平郷」に向かうことにする。車で小一時間の距離。

家康から数えて8代前、初代親氏(写真3番目)は、徳阿弥と名乗り時宗の僧侶として諸国を行脚し松平郷に入り、松平太郎左衛門家の婿となり家をついだといわれる。

松平太郎左衛門家は江戸時代には440石の旗本として大名ではないが、大名と同じ家格を持ち江戸参府が出来たという。嘗て小生の会社に勤めていた「松平英男」氏が日経の文化面にも同様のことを掲載されていた。

駐車場に車を止め「松平東照宮」(写真1)、家康産湯の井戸(写真2)「松平郷館」を見学。山手に向かい松平家菩提寺「高月院」で松平家墓所で親氏らをお参り。ここは松平太郎左衛門け墓所(写真4)とは異なる。もう少し山を登り太郎左衛門家墓所にもお参りする。もっと登った所に展望台があり、御嶽さん、鈴鹿連峰まで見渡せる。

当地については別のところで改めて触れてみたい。

朝になったので出勤。

|

« 八丁味噌の郷 | トップページ | 教行寺の桜(2011.4.3) »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172141/51252152

この記事へのトラックバック一覧です: 三河散策・松平郷:

« 八丁味噌の郷 | トップページ | 教行寺の桜(2011.4.3) »