« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

牛銀

P10302492 P10302502 松阪と言えば松阪牛。有名店としては「和田金」「牛銀」。和田金は以前会社の同僚とすき焼を頂いたことがあるので今回は「牛銀」へ。すき焼は確か2名からだった?ようなので隣接する洋食部へ。焼肉定食(1,800円)を戴く。肉はすき焼の様に薄くスライスしたもので、特製の胡麻タレで頂く。予め味をつけたものもあるそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松阪散策(2011.2.26)

P10301942_2P10302262_2 P10302352_2 P10302382

睡眠不足で三河散策を中止。11時頃、地道を使って三重県「松阪」に向かう。

仕事で度々訪れてはいるのだが観光は初めて。

市役所に車を止め松阪城址へ。北畠家家臣の潮田長助が最初に砦として築いたとされるが、本格な築城は蒲生氏郷。城址エリアに「歴史民俗資料館」(写真上)、「本居宣長記念館」「 御城番屋敷」(写真中)がある。江戸時代は紀州藩に属し城下町と言うより商人の街として栄え、三井家発祥地(写真3番目)、紙商の小津清左衛門家住宅である「松阪商人の館(写真4番目)、長谷川治郎部兵衛邸等が残る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

エクスペリアキーボード

Tkfbp017_01b

小型のパソコンかiPADを旅行用に欲しいと思い、家電量販店を覗いてあれこれ見ていると1万円程で御覧のキ―ボードを発見。溜まっていたポイントでゲット。エクスペリアにBluetoothでドッキング。これでエクスペリアの不便なキーボードから少しは解放される。電源もアルカリ単4を2本で3カ月とあるし話半分としても十分。専用ケースも付いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開高健 展(2011.2.19)

P21900392 P21900502 P21900512

床屋を朝一に済ませ、11時にはなんばパークスへ。7階のホールで「生誕80年 大阪が生んだ 開高健 展」が開催されている。11時の会場に合わせて言ったが狭い会場は一杯。老若男女と幅広いファンが訪れている。義父は氏と旧制天王寺中学(現天王寺高校)の同級生の様でコメントしたパネルが展示されていた。内容は大したことではないが名前に誤植があり残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

ホットドッグ

P21300042

琵琶湖畔にある「風月堂」の味が気に入って、朝食に2日続けてホットドッグに挑戦。

金曜日はキャベツベース、土曜日は鍋物で余った茸類を利用。

ケチャップ、和カラシ、ウ―スーターソース、バルコミソス、タイの・・・・を混ぜレンジでベビーフード目盛でチーン。野菜はノンオイルで炒め塩コショウ。

ウーン満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワインクーラー

P21300062 31rfodlvn3l__ss400_

健康診断も近いので?、金曜、土曜と2日続けて休肝日。今週は何と3日休肝。それにしても美味しいお酒が良く手に入る。保存を巧くやらなくてはとアマゾンを検索。即日配達の高評価のワインクーラーを手配。当日夕方には到着。家内からはまた大きな荷物と皮肉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

新大阪K(2011.2.4)

20110205_1811 20110205_1813

誕生日前夜に美女と密会。誕生のお祝いに「蒼穹の雫1994」(貴腐ワイン39)を頂く。白浜で予定している「クエを食す会」に提供予定。それまで我慢できるか。

4日は幹事長から統一地方選問題で新大阪の「K」へ呼び出し。各地の状況を甘辛く分析。体制は上々。仕上げは山形県情勢。「十四代・中取り大吟醸」を帰り際、幹事長価格で倉庫から取出し分けていただく。ネット、オークションでは1.3から2万円の代物。これは一人こっそり戴く予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪あそび(2011.1.29-3)

20110129122715 P13000172 P13000212 P13000342 P1300048 P13000502

幹事長、ニック2とお正月の贅肉とアルコール消しに朽木スキー場へ。夜は奥琵琶湖のログハウスで大宴会。翌朝は大雪。帰路、琵琶湖畔の「風月堂」でホットドッグ。カレー味、ケチャップの甘味、カスタード味が口で絶妙に絡み旨い。御昼はニック2宅で手打ちそば。またまた太ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »