« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月11日 (火)

福知山城・元伊勢内宮皇大神社・安国寺(2011.1.9)

P1030139

P1030156

P1030165_2 P1030177_2

翌日は福知山、綾部方面へ。「福知山城」もNHK連続ドラマ「江」で盛上り?御存じ明智光秀が築城。

「元伊勢内宮皇大神社」は伊勢神宮に祀られている天照大神の最初の鎮座地とされている格式ある神社。近くに外宮があるか関係は定かでは無いようだ。

綾部の「大国寺」へ。足利尊氏の生誕地とされ本堂は茅葺入母屋造りで風情がある。境内には尊氏、妻澄子、母清子の墓がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草山温泉(2011.1.8)

P1080005 P1080006

草山温泉に宿泊。篠山の奥まった場所にある。温泉は「観音湯」で戴き、宿舎は「大谷にしき荘」。温泉は茶褐色の濁り湯。夕食は猪肉のスキ焼をチョイス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹波篠山散策(2011.1.8)

P1030089 P1030090 P1030092 P1030096 P1030104 P1030110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

丹波柏原【かいばら】散策(2011.1.8)

P1030058 P1030059 P1030076 P1030077 P1030081 P1030086

織田家ゆかりの城下町で、NHKの連続ドラマ「江」に便乗中。目的は鹿料理の「無鹿」。こじんまりした街だがイタリアンの「オルモ」、和風料理店、お寿司と探せばオシャレなお店が見つかりそう。街の象徴「太鼓櫓」を探すが見つからない。やっと八幡神社に登る途中で見つける。(写真5番目)「無鹿」で食事。「柏原歴史民俗資料館・田ステ女記念館」「柏原藩陣屋跡」(写真3番目)と廻る。田ステ女(デン・ステニョ)(写真4番目)は江戸時代、柏原に生まれた貞門派の俳人。田英夫氏の御先祖?八幡神社には立派な三重塔(写真6番目)。(写真1番目:織田神社・2番目市庁舎支所)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

但馬・丹波散策(2011.1.8)

P10300312 P1030038 P1030055

竹田城は山名宗全が基礎を築き、大田氏、赤松氏が城主となった山城。風景が虎が隠れた様に見え「虎臥城」とか霧が立ち込めた様から「天空の城」などと呼ばれている。事前にネットで調べたが雪に関する情報が無く城跡を目指したが雪と氷で鏡面化した道路にスタッドレスも役立たず、遠景を楽しむ。(写真上)

光源寺は天目楓で有名。丹波市青柿地区の小さな集落にある。かつては百を超える末寺を要した名刹。雪に佇む三重塔(写真3番目)は誰もいない境内で心を鎮めてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

無鹿(むじか)

P10300722 P10300732 P10300642 P10300652 P10300692 P10300672 P10300712

丹波篠山方面にドライブ。和田山の竹田城跡はスタッドレスタイヤでも2,3度横滑りし諦め丹波青山の高源寺を経て、丹波柏原へ。目的は昨年4月に開店した鹿専門のレストラン「無鹿」。柏原と言えば、イタリアンの「オルモ」だがそれを横目に探すが見つからない。やっと税務署近くの小路に見つける。築100年と言う古い町屋を改装したテーブルと座敷の席。御昼のコース1,880円を注文。9つに区切られた木箱に鹿肉の前菜盛り合わせ。女性でなくとも美しさにうっとり。五穀米のご飯は前菜と同時に出してもらう。有機野菜のスープ。メインは鹿肉のミデアムのソテー。ワイン仕立てのソースに柚子胡椒、生姜、塩胡椒で戴く。癖は全くなく歯ごたえも最高。デザート2種にコーヒー。今日は一人だが次回はワインを飲みながら御供の女性が居れば尚最高。柏原に宿泊施設あるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

年末年始

P10300302_2

年末年始は予定もなく、年末は溜まったガラクタをトラック一杯程整理。

それでも自室と和室はまだまだ不要物?で一杯。

大晦日から正月2日までは「2010年の遊び(総集編)」と「上海の想い出」の仕上げに没頭。

元旦のお酒は福島の大七酒造の大吟醸「箕輪門」。大吟醸にしてはさっぱりして爽やか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »