« ワインの会(2010.11.28) | トップページ | 年末年始 »

2010年12月19日 (日)

「壱六拾」(210.12.18)

Pc1800052 Pc1800062 Pc1800072

法事で尾道に帰省。昼食は向島の「かねん坊」。仕出し屋なので気に掛けずカメラを持参しなかったが味は中々。機会があればまた尋ねてみたい。夜はI君を誘い出し新地へ新規開拓。玄関に水琴窟のある居酒屋「壱六拾」へ。店主は仙台のサラリーマンから脱サラして漁師と居酒屋のおやじに。「赤にし」、「蛸天」、「でべらの唐揚」。メインは「わたりがに」。締めは「茶そば」。「でべらの唐揚」は頭から丸かじり。「わたりがに」はオスを頼み身が一杯で美味。松葉蟹も良いが味は「わたり」が数段上と思う。

尾道は朝の連続ドラマ「てっぱん」で盛上っているようなのでもう一度締めで「お好み焼き屋」へ。残念ながら焼そばのクレープハサミで正統「尾道焼」ではない。

|

« ワインの会(2010.11.28) | トップページ | 年末年始 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172141/50343356

この記事へのトラックバック一覧です: 「壱六拾」(210.12.18):

« ワインの会(2010.11.28) | トップページ | 年末年始 »