« 越前散策3 | トップページ | 越前散策5 »

2010年2月28日 (日)

越前散策4

P10005092

P10005142P10005312

28日は泰澄開山・修行の地「越知山 大谷寺(おおたんじ)」へ。拝観料は不要でご自由にお入りくださいとあるので、一声かけながら扉を開けると奥から住職の奥様?が出てこられ 丁寧に由緒など語って戴く。本地垂迹神仏習合の寺で山門と本堂には注連縄がある。奈良から訪れたと告げると奈良のご出身の様でお話に熱が入る。研究の課題として、大谷寺の読み方「おおたんじ」の「たん」は「丹」で、「丹生(にゅう)」に繋がり、水銀、金、朱赤、水を連想。「越知」は愛媛県の越智郡、越智氏、滋賀県の愛知川から海、水を連想。和歌山県の那智も連想。水銀から鏡を連想。鏡から池を連想。古鏡遺物が発見された池として愛媛県越智郡の「蛇池」、和歌山県那智神社「文覚淵」、伊都郡・丹生都比売神社の「鏡ガ池」。研究は続く。写真上から「越知神社」「「大谷寺」「大谷寺・泰澄廟の九重塔(国重文)」。

|

« 越前散策3 | トップページ | 越前散策5 »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172141/47744536

この記事へのトラックバック一覧です: 越前散策4:

« 越前散策3 | トップページ | 越前散策5 »