« 本家「鶴㐂蕎麦」 | トップページ | 九度山・天川散策2 »

2010年1月30日 (土)

九度山・天川散策1

不眠が続いている。天川の満天の星でも眺めて熟睡しようかと泊まりがけの散策。九度山と天川というおかしな組み合わせに何の意味もない。天川だけでは1日持ちそうに無いので高野山の所縁の地「九度山」を午前中に組み入れた。まずは空海の御母公の御廟のある「慈尊院」へ。女人高野らしく女性に御利益があるようだ。境内には小説「紀ノ川」にもある布で作られた女性の乳形の供え物がある。慈尊院のすぐ上にはその守り神の「丹生官省符神社」、空海が厄除けのため十一面観音を奉納した「勝利寺」がある。車で町営駐車場に移動。偶然か流行にはまっているのか戦国武将の所縁の地に遭遇することが多い。真田昌幸・幸村父子が隠棲した「真田庵」へ。至る所に六文銭の紋が見られる。これも偶然だが地元出身の国会議員の松山常次郎氏を紹介した記念館を訪ねると常次郎氏の長女は小生の出身地尾道が生んだ平山郁夫画伯夫人との事。近くには小生の幼年時代の姿を九度山焼(荘平焼)で再現した?「米金(こめきん)の金時像」がある。小さな町だが静かで古い建物と狭い道が風情のある街だ。ココログがバージョンアップして、写真3枚制限を緩和してくれたので少し便利になった。(写真上から慈尊院、丹生官省符神社、勝利寺、真田庵、松山常次郎記念館、米金)P10003592P10003652 P10003702 P10003842 P10003912 P10003982

|

« 本家「鶴㐂蕎麦」 | トップページ | 九度山・天川散策2 »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172141/47440262

この記事へのトラックバック一覧です: 九度山・天川散策1:

« 本家「鶴㐂蕎麦」 | トップページ | 九度山・天川散策2 »