« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

九度山・天川散策4

P13000102 P13000112 P13000122 P13100172 本日のお宿は天川村北小原地区にある民宿「あおば」。ご主人は元商社マンで中東を中心に活躍されたとか。奥様は当地のご出身で民宿経営に関心が強く、ご主人の定年を一年残し決断されたとか。夕食は鹿肉に始まり栗とおもちちで締めるオイルホンデゥ。野菜中心で衣も薄くオイルは余り絡まず食しやすい。衣のレシピは言えないとのことだが豆腐が絡んでないか。蕗の薹もこの寒冷地にも顔を出し初物を頂いた。(地上のものは先日自宅で食したが春はもうそこ?)お造りもあまごも旨い。ご夫婦とも話し上手で、地元の情報、蘊蓄も事欠かない。朴の木の葉の保存方法を開発し寿司も当地の名産として開発したが葉が追い付かないとの事。ご主人はお酒は全く駄目とのことだが、小生は話に引き込まれビール2本、お酒3本で朝まで熟睡。満天の星は曇空で見ることはできなかったが。お土産は天川の湧水「天の川」2リットルボトル。ごろごろ水と違い天然濾過の水との事。翌日、水の神「丹生川上神社下社」にお参り。雨中の神社も素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

九度山・天川散策3

P10004232 P10004262 P10004322 P10004352 P13000072 腹ごしらえが終わると、天川村散策。納涼、奥掛け、紅葉の時期から外れたこの時期、人影はまばら。真言宗醍醐派の大本山「龍泉寺」(写真上)、芸能の神と知られる市杵島島姫命(いちきしまひめのみこと)を祀る「天川大弁財天」(写真2番目)へ。大弁財天は厳島、竹生島と並ぶ三大弁財天と称しているが社格は郷社。空海が高野山の開山に先立ち修業した地でまつわる遺品も多いが弘法の書を見た宿のご主人の話によれば達筆ではないとの事。映画の舞台ともなり写真3番目はバブル時代に建立した能舞台。杜撰な財務で一度破綻したが債権放棄で救われたとか。次は「栃尾観音堂」。ここは円空の彫ったとされる円空仏が4体あり、それも近年地元の方が円空作ではないかと調査を求め確認されたものの様です。確か岐阜県の地道を走っていると円空所縁の地があったような。さらに細い道を進むと「みずはの湯」。客は男湯に先客2名で最終的に大きな湯船2つと、露天風呂は貸切状態。写真撮影も自由で公然猥褻には問われそうにない。さっぱり。宿に電話を入れるが圏外で通じない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九度山・天川散策2

P10004052 P10004092 P10004142 P10004152 天川への途中、賀名生(あのう)梅林の麓にある南朝三代(後村上、長慶、後亀山)が住んだ賀名生皇居(写真上)、山を登って五條高校賀名生分校跡の横にある北畠親房の墓にお参りする。親房の墓は各地にあるようだが南朝の本拠地でここで亡くなったことからも正一位を祀る地としてここを正統としたい。昼食は洞川面不動鍾乳洞駐車場前のそば処「清九郎」へどうにか12時半には到着する。ざる蕎麦とミニ天丼のセットを頂く。味はウン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九度山・天川散策1

不眠が続いている。天川の満天の星でも眺めて熟睡しようかと泊まりがけの散策。九度山と天川というおかしな組み合わせに何の意味もない。天川だけでは1日持ちそうに無いので高野山の所縁の地「九度山」を午前中に組み入れた。まずは空海の御母公の御廟のある「慈尊院」へ。女人高野らしく女性に御利益があるようだ。境内には小説「紀ノ川」にもある布で作られた女性の乳形の供え物がある。慈尊院のすぐ上にはその守り神の「丹生官省符神社」、空海が厄除けのため十一面観音を奉納した「勝利寺」がある。車で町営駐車場に移動。偶然か流行にはまっているのか戦国武将の所縁の地に遭遇することが多い。真田昌幸・幸村父子が隠棲した「真田庵」へ。至る所に六文銭の紋が見られる。これも偶然だが地元出身の国会議員の松山常次郎氏を紹介した記念館を訪ねると常次郎氏の長女は小生の出身地尾道が生んだ平山郁夫画伯夫人との事。近くには小生の幼年時代の姿を九度山焼(荘平焼)で再現した?「米金(こめきん)の金時像」がある。小さな町だが静かで古い建物と狭い道が風情のある街だ。ココログがバージョンアップして、写真3枚制限を緩和してくれたので少し便利になった。(写真上から慈尊院、丹生官省符神社、勝利寺、真田庵、松山常次郎記念館、米金)P10003592P10003652 P10003702 P10003842 P10003912 P10003982

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

本家「鶴㐂蕎麦」

そばは一番。電話は二番。店は南より三軒目。ざる大盛りとビールを頂く。シェラトン都大阪ホテルにも支店がある。今度は支店で味を確かめてみよう。P10002932 P10002922

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂本散策2

司馬遼太郎の「空海の風景」を再読しているが、エリート最澄にも関心が。五木寛之本も昨年から20冊ほど読み親鸞にも関心。座禅本を読み、本日の日経新聞にも載った道元にも関心。救いはあるか。滋賀院門跡にある消えずの火。(写真上)日吉東照宮本殿内部。(写真下)中央に祀られているのは勿論徳川家康。左は豊臣秀吉。右が日吉大神。P10002202 P10002592

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂本散策

P10002142 P10002692晴れて風もなさそうなので、気分転換にカメラを持って電車に乗る。目的地は比叡山の門前町「坂本」。JR比叡山坂本駅までは、1時間半程で到着。京阪坂本駅前に観光案内所があるのでガイドマップを手に入れる。このシーズン観光客もそこそこで各所にパーキングもあり車でもよかったか。まずは最澄誕生の地「生源寺」。日吉参道には里坊(比叡山で修業を僧侶が天台座主の許しを得て下山して住む隠居坊)が並び、穴太集(あのうしゅう)積みの石垣が美しい街並みを見せてくれる。(写真上)里坊の筆頭ともいえる「滋賀院門跡」では丁寧な解説の上写真撮影も自由。慈眼堂、十三体石仏群を経て「日吉東照宮」へ。急な石段の上に建物は見えない。あえて天海大僧正が道から見えぬよう建立したらしい。日光東照宮のひな形と言われており、普通は皇室等高貴な方しか入れない本殿内部で撮影もさせていただいた。看板を見ると拝観料を出せば入れるようなことが書いてある。家内健康の護摩木を献上。ケーブル駅を経て「日吉大社」。全国3800社の分霊社(日吉、日枝、山王神社)の総本社。西本宮(写真中)で厄除けの「神猿(まさる)」のお守りを授けて戴く。東本宮を終えたところで昼食。本家「鶴㐂蕎麦」でざる蕎麦の大盛り1100円。大正天皇が皇太子時代に彦根にお成りの際、取り寄せられ満足し、明治天皇へのお土産となり、以降昭和天皇時代まで年越蕎麦はご用達とのこと。 「旧竹林院」で盆梅展と国名勝指定の庭園を見学し、北上し明智光秀一族の菩提寺にして、聖徳太子建立の天台宗盛宗本山「西教寺」へ。P10003462 少し街から離れており静か。参道にある各地の宿坊も風情がある。写真下は明智光秀墓所。それにしても日に日に足が上がらず辛い。神仏のご加護を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

探勝庵

P11700012 少しずつリハビリに負荷の少ない自転車をと思いながら先週からアンカーに乗り始めるがフロントギアの201001シフトチェンジの具合が悪い。郡山のキタサイクルへ。ワイヤーリーダーが破損している。1年以上経っているのでワイヤーも交換する。約25キロ足らずだが相変わらず力が入らない。昼食は自宅近所のそば処「探勝庵」でと思い電話を入れる。土日だけ営業の住宅街の隠れた名店であるが訪れたことはない。先日の「羽」のこともあるので電話を入れる。奥様が出てこられ、ご主人が病に倒れ閉店中とのこと。残念。自宅で家内の手料理で済ませる。夕刻、昨晩仕込んだ豆腐とチーズの味噌漬けで一杯。器は小生の作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

ひぐち家

P1012652_2 明日はM党のO幹事長が来阪予定。それはそれとして我幹事長から新年会のお誘い。東心斎橋のP1012653高級ホルモンとベジタブルの店「ひぐち家」にお邪魔。写真上はタン2人前。写真下は大阪地野菜。是非女性と訪れたい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

まんま亭

P11000212 初詣サイクリングの昼食は新薬師寺前の「まんま亭」でチキンカレーを頂く。付け合わせの酢漬けの青唐辛子が何とも言えない辛さで良い。この店は実業団の自転車チーム「まんま」のオーナーが営むカレーショップ?外見は古都にある食事の店だが、内装はもとより外部も自転車のデコが至る所に施されている。オナーは勿論奥様、お嬢さんもレーサー。営業日はレースの関係上不定休。(電話0742-24-4011で確認を)鳥のもも肉1本付いたチキンカレーはサラダ付きで1000円。他のカレーも値段は同じ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初詣サイクリング

P11000091 協会の初詣サイクリングに参加。距離は自宅から往復で20キロ余りだが昨日の初乗りの状態からして登りもあり不安。平城宮跡に集合。サイクリング道で黒髪神社、奈良豆比古神社、二月堂、春日神社にお参り。途中、奈良少年刑務所に。(写真上)P11000102幸い登りでは力は入らないものの震えは少なく下車することなく完走。昼食は新薬師寺前の高畑「まんま亭」でチキンカレー。 201001hatumoude

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

走り始め

P10900042 P10900052幹事長とマエストロは南伊勢でキャンプツーリング。一人残された小生は自転車で奈良市富雄のそば処「羽(はる)」へ。「へしこ」と「越前そば」を求めて富雄駅北側をうろうろするが見つからない。駅前の看板は見当たらないし、電話も通じない。正月休みにしては長い。仕方なく馴染みのあやめ池「彦衛門」へ。味噌豆腐(写真上)とあらびきせいろを頂く。旨い。埴輪公園、平城宮跡を経てわずか30km足らずだが手足に力が伝わらず、特に右手が震え苦しい。バランス感覚はまあまあ。201001_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

蘇民将来符

P10600022 上司のY取締役から信濃国分寺の「蘇民将来符」を頂く。今年こそは良い年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

お正月。

P10001972 あけましておめでとうございます。12月29日に無事?退院。退院最終日にトイレで左の腰をビリリ。久々に、予定のない無い冬休みに突入。元旦は平城宮跡に初日の出をと意気込んだが雲が多く、待ち切れずご近所の神社3社をお参り。具体的なお願はなく、ただ頭を垂れる。2日は家内の実家にごあいさつ。3日はテレビ三昧。知らぬ間に左の腰痛はとれていたが右側は相変わらず。明日は運動して2.5キロ3日で増えた体重を減らすか。(写真上は平城宮跡の第2次大極殿でご来光を待つ人々、右に見える建物は復元された第1次大極殿)P10002002

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »