« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月29日 (土)

田辺湾(2009.8.29)

E7cb536c 天候が心配されたが、凪子のおかげで晴天、波風はない。選挙戦真っ最中の幹事長、オレンジ公の4名が集合。白浜の東急ハーベスト前から出航。国の天然記念物「神島(こしま)」を経て、番所の崎、円月島、千畳敷の往復約20km。神島は天然記念日で上陸禁止だが10月に田辺市教育委員会の許可を得て上陸の予定の為下見。円月島は崩落の危機にあるというがシュノーケリングには最適地。予想したより水は綺麗で感激。夜は湯浅の「致楽亭」でバーベキューをごちそうになり夏休みに別れを告げる。シルバーウィークは三重県でシー&リバーのプロカヤッカーツアーに参戦予定?1272_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

近所散策

P82300012相変わらず、背筋が痛む。自転車は諦めて近所をウォーキング。平城宮跡に行くと大極殿正殿が姿を現してきた。(写真上)来年の遷都1300年には十分間に合いそう。イトーヨーカドー前の二坊宮跡庭園(写真中)を見学し、モンベル、書店で買物をし東院庭園を過ごす。約9km。午後、母の見舞。鬱。 P82300042 P82300132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

近所散策

P1012649 9日間の夏休みというのに、最初の2日カヤックで遊んだだけで、中盤から家の事で蟄居謹慎状態。最後の土日はアンカーで50km程サイクリングと7km程のウォーキングで発散。それでも日曜の夕方になると仕事が憂鬱。プロカヤッカー宣言を1週間前にしたものの副業の収入が主力で仕方がないか。ついでにプロサイクリスト、プロランナー宣言もするか。近所の溜池にピンクの綺麗な草花が咲いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

刈藻島(2009.8.8)

P80800122夏休みは 長野選挙区P80800232入り予定のはずの幹事長から和歌山入りの指示。湯浅・栖原の沖に浮かぶ刈藻島へ。やっと訪れた梅雨明けの夏空。島はカヤックツアー客で満杯。(写真上)幹事長の演説も効果あり。島の頂上に登ってみるとオレンジ公がロールを披露している。 (写真中)栖原は明恵上人の修業の地であり、島には石像(写真下)と墓がある。GWには念仏発祥の地直江津を訪れたが、夏休みの初日は意図せず念仏信徒の進出に対抗した上人修行の地を訪れたのもP80800282おもしろい。夜はオレンジ公の案内で湯浅の焼き肉店へ。致楽亭に宿泊し、朝食はしらすご飯。2日目は熱帯低気圧から台風に変わった影響からか雨にもかかわらず、マエストロも合流しレスキュートレーニング。これで週末5週連続で外出。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

吹屋散策3(西江邸)

Imgp25752 Imgp25722里から少し離れたところに惣代庄屋の「西江邸」を訪れる。奥様の案内で蔵を見学。次は当主西江晃治氏の案内で母屋についての説明。総二階創り、五間続き(写真下)は江戸時代禁止されていたが、天領の代官御用所を兼ねたところから特別に認められたとのこと。邸内に寺小屋があり現存しているとのこと。奈良から訪れたことを知ると春日大社の本殿の塗は同家の「紅柄」が使用されているとのこと。同家のベンガラは「赤の中の赤」と賞賛れているらしい。倉敷の「大原邸」「旧野崎邸」と並ぶ岡山の三大邸宅といったところか。(三邸とも国の重要文化財)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

吹屋散策2

Imgp25382 Imgp25392 Imgp25542 吹屋の市街地に入り旧片山邸、郷土館(片山家の分家)、吹屋小学校(写真下)などを見学。吹屋小学校は1900年(明治33年)の建設で現役では最古の小学校の建築物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吹屋散策1(2009.8.1)

4月に母を奈良に引き取って以来Imgp25022 、尾道には帰省していない。郵便物の整理と母がリハビリにパソコンを使うというので2件に絞ってImgp25142 Imgp25262帰省。庭は草ぼうぼう、定額給付金の申請、クレジットカードの解約、金融機関の各種手続き、ケーブルテレビの契約、ガスの点検、芦辺の会費・・・。とどめは高野山・龍泉院からの13回忌の通知。大切なことを失念していた。夏休みにでも一人で高野山にお参りするか。帰路は岡山県高梁市にあるベンガラの町「吹屋」へ。高梁市街からカーナビと道標を頼りに進むと車1台がやっと通れる山道。挙句の果て崖崩れでこの先全面通行止めの看板。脇道を見つけやっとの思いでUターン。吹屋行きを諦めたら、別の道標。県道4百何号線の表示。どうにか「広兼邸」に到着。(写真上)広兼家はローハ(ベンガラの原料)の製造で財をなした大庄屋。映画「八つ墓村」 のロケにも使われた邸宅。次は三大銅山のひとつ吉岡銅山の支山「笹畝坑道」(写真中)を見学。坑内は蒸し暑い地上とは異なり涼しい。写真下は昭和40年代まで稼働していたベンガラ工場の「ベンガラ館」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »