« 布目サイクルフェスタ | トップページ | 丸山千米田 »

2009年5月23日 (土)

熊野川

P5230010 夜中に目が覚める日が続く。そんな時はメールをチェック。PCメールには大したものはない。念の為、携帯メールをチェック。幹事長から週末空いていますか。インフルエンザ逃れに熊野川に行きましょう。了解の返事。午前2時ごろというのに瞬時に決行決定メールが到着。選挙も近いので遅くまで頑張っているのだろう。当日も2時台に目が覚める。いろいろ準備をし4時半頃自宅を出発。吉野のコンビニで昼の食事P5230013_2 やアルコールをレジに持っていくと財布がない。当然、免許証、カードもない。運良く1万円を夜遊び後のタクシー代に小銭入れに入れていたのでどうにか勘定は払えた。夜もキャンプだし、幹事長に御裾分けを頂こう。そうこうしていると後ろを走っていたはずの幹事長に何処かで追い抜かれ、既に靜流荘に到着したようだ。P5230018_2 小川口のジェット船乗り場に待ち合わせ場所を移し、ファルトを積み込み瀞峡へ。数組のツアーが既に到着している。数年ぶりのリバーカヤックでファルトの組立や装備が心配。案の定1時間ほどかけて汗だくで組立完了。休憩をして出発。シーカヤックと違って小回りが利きすぎて少し戸惑う。水面に手を付けたりしながら清流を楽しみながらゆっくりと下る。GW後でジェット船の通過も少なく静か。瀬もコンマ以下のものばかりで緊張はほとんどない。スカートなしで快適に下れる。風も爽やか。インフルエンザ騒ぎもここでは関係ない。昼食をとると二人で鼾をかきながわゆっくりお昼寝。他のツアーものんびり下っている。財布を忘れているのに、幹事長に選挙も近いことだし、畳の上で寝たいですね。いろいろ相談もあるしと持ちかけると幹事長もすぐ同意し、瀞流荘に予約。温泉付きの軟弱ツアーに早変わり。メイン料理は雉鍋。

|

« 布目サイクルフェスタ | トップページ | 丸山千米田 »

カヌー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172141/45114578

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野川:

« 布目サイクルフェスタ | トップページ | 丸山千米田 »